ついついはまる占い

こんにちは。少し荒れ気味の天候が続く中、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

楽しく外へ出かけようとしても生憎の雨模様……

家事や勉強をすませて何もやることがなく少し暇だなーと感じる時、私は室内で出来る趣味に講じます。

その中でも最近熱中しているのが占い、それも自身で行うタロット占いです。

飽き易い性格の私が思い出した時にやりたくなるくらい未だ続いている趣味の一つです。

大体の方がテレビ番組のコーナーや雑誌の占いコーナーだけで楽しんでいるようですが、

こう言った本格的な占いを自分で「やる」というのはまた別の楽しさがあります。

またタロットでは悩みの相手と読み手によってはどのように捉えることも出来るという所が私は1番この占い方で魅力的だと感じた点です。

例えば仕事や友達との関係が上手くいかないとき、「どうしたら上手くいくのか」と考えて占うと、

一方の読み方では「この先上手くいく」となりますが、

もう一方の読み方「こう言ったことに気をつけて行動すれば上手く」

また一方だと「自分のある1面を直さなければ現状は変わらない」と、

要は自分にとって都合のいい結果として読むことも、自分自身を見つめ直す助言のような結果として読むこともできるということです。

私の場合それを自分の占いではなく、悩んでいる友達を占う時にこう考えるのですが電話やメール、SNSなどでより通信環境が充実した昨今。

暇になって占いしようという理由から遠くにいる友達の悩みを聞けることが、もしかしたらこの趣味を続けていられる大きな理由なのかも知れませんね。

皆さんも占いを受けるだけでなく、ちょっとした遊びとして友達に占いをしてみてはいかがでしょうか。

きっとなにかを見つけるきっかけになるかもしれないですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です