長年一緒にいるからこそ、子供の表情で心が分かります

思春期の子供をもつと親は大変です。

何が大変かというと昔のようにしゃべってくれなくなることです。

それこそ幼稚園、小学校低学年の頃はおしゃべりで色んな事を話してくれてました。

例えば、

「今日は〇〇君と遊んだんだ」

とか

「今日は~されてイヤだった」

とか。

イヤなことがあっても親に話すことで解決に繋がったり、ストレスを解消させてた昔。

それが今では本当に用事がある時にしかしゃべりません。

「お金がいくらいる」

「~に送って」

とかそれくらい。

だから学校から帰って来た時の表情を見るようにしています。

あんまりジッと見ると怒られるのでこっそりとですが(^^;)

長年一緒にいる子供だから本当に些細な変化だけど表情でわかります。

あ、何かあったなって。

でもそれを聞くことが出来ずに悶々と過ごす日も多々。

聞きたいけど聞いたって何も教えてくれないし。

そんな日はわざと明るく振る舞って元気づけようとして余計にうざがられたりも。

でも今日は閉め切った部屋の中から微かに口笛の音が聞こえてきました。

正直、こんな夜も遅くに口笛なんて吹いて…

と思ったけど子供の機嫌がよく、学校でもうまくいってそうだと感じ取れて何だか安心しました。

もしも彼が女の子だったらもう少し学校のこととか話してくれてたのかなーなんてあり得ない想像もしてみたけどしてみるだけ時間の無駄ですね。

どんなに想像しても彼は男なのは変わらないんですし(^^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です